Trader Joe's パンケーキミックス

本日はアメリカのスーパーマーケット、
Trader Joe's のバターミルクパンケーキミックスをご紹介。

こちら、5月にニューヨークに行った際に現地の方から勧めて頂いたのですが、あまりの重さに断念。
しかし、主人が出張の際に買ってきてくれました~ 
指定してないのに、何て素晴らしい事なのかしら!有り難や有り難や。
c0326599_11053787.jpg
アメリカのパンケーキミックス、どれだけ甘い物かと恐る恐る焼いてみました。すると、拍子抜け!甘くない!
え?日本のあの有名なホットケーキミックスって、恐ろしい甘さよね。あれとは違うのかー、と。

アメリカのパンケーキって甘くないのですね。結論なのですが、これ凄く美味しかったのです。
甘くない、しっとりとした柔らかい生地(日本の物の様には柔らかすぎません)。いくらでも進むー。
メープルシロップと美味しいバターの甘いバージョンで頂いたり、ハラペーニョケチャップとマスタード、ウィンナーで頂いたり。

日本の物は飽きてきて、途中から食べられない事がしばしば。これはそういう事がありませんでした。
とてもお勧めです。台湾でもアメリカのバターミルクパンケーキミックスが販売されているので、今度買ってみようかな^^

我が家で使用している ホットプレート は、私の誕生日に母が日本から送ってくれたもの。
ちゃんと言うと、自分の誕生会に間に合うように主人にネット注文をしてもらい、実家の母に急いで送ってもらったものです。
はは、全ては自分の為 笑 主人にお母さんありがとう。
こちらのホットプレートもおすすめなのです。一度に沢山焼けるので、温かいパンケーキを頂く事が出来ます。
自宅に友人などを招いての焼肉なども、この大きさなら何のその。熱の伝わりも均一で、外せて洗えて衛生的!
ひとつ欠点を言うとすれば、付属してあるのが金属のヘラ。象印さん何で~どして~、せっかくのフッ素コーティングが剥がれるじゃないの~。
でも、他全て満点ですので、検討中の方には是非お勧めしたい商品でした。日本メーカー最高。しかし、大きいのでサイズ確認は必須です!

それと、もう一つ。私のようにアメリカのレシピを使ったりする人には、計量カップの購入をお勧めします。
毎回分量を書き直す必要も無くなるので、手間が大きく省かれます。
私が購入した物はステンレスですが、こんな感じの プラスチックの物 が軽くて使いやすそうですね。
もちろん配合そのままで作ると甘さが大変な事になるので、そこだけ注意が必要ですが。


話しは変わりまして、昨日買ったチーズ。
これは新商品入荷!のPOPが貼られていたポーランドの物。他の商品はドイツ、オーストラリア、オーストリア産でした。
c0326599_11413868.jpg
ポーランドのチーズなんて、ここにいる間に食べておかないときっと食べる機会はないだろうと。
売り場の前で携帯で調べる・・。ポーランドとはどの辺なのかしら?
それから、種類。。ゴーダチーズが一番日本人にも食べやすいと書いてあったので、ゴーダを購入。他にはエメンタルチーズがあったかな。
頂いた時に、イタリアで食べたチーズを思い出しました。理由は塩が少しきつめ。
日本のチーズは塩気が優しくてまろやか。これって何か理由があるのかな。保存意識の問題かしら笑
そうそう、イタリアの朝食で食べたハムの塩辛い事と言ったら。チーズも塩辛かった。
イタリア旅行中の朝食レポもしたいと思っていたのを忘れていました。近いうちしますね。

ちなみにこのチーズ、デパ地下などで買った訳ではなく、一般市民の見方、頂好超市 さんで購入。
自宅近くのこの店舗は鮮度も品揃えも中々良いし、面積が小さめなので買いやすい。一番良く行くスーパーです。
チーズは台湾産もあるのですが、やはりあまり信用が出来ずよその国の物を選んでしまいます。
先日 購入したCarrefourチーズのほうがお安くて好みかな。と言うか、食べ慣れてる塩気。

台湾の乳製品でも美味しい牛乳があったりします。この赤いパッケージの物がお気に入り。
c0326599_12111357.jpg
近所のお店にヤギミルクもあるのだけれど、まだチャレンジ出来ていません。1Lの量で失敗すると消費に困るので。。
どなたか経験のある方、教えて欲しいです。

バターも発酵バターが多いので、包みを開けた瞬間、臭っ!と思ったりしますが、臭いのか芳醇なのか紙一重?な物も。笑
ちなみに発酵バターは外国産です。

午前中なのに眠くなってきました。ではでは、また次回~。

ポケモンGO、気になってる様子の主人です。
台湾で始まったら、普段でも危険な道路なのに、一体どうなる事かと・・
もう、外に出るのが嫌になる。



[PR]
by R-intaiwan | 2016-07-26 12:20 | お勧め | Comments(0)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧