九州 福岡空港から成田空港へ(空港宅急便)

九州の旅もこの日が最後。
今までの九州の旅は こちら からどうぞ。

これまた天気が良く、恵まれていました^^
山が本当に綺麗っ!
c0326599_11473129.jpg
レンタカーを返却し、福岡空港から成田空港へと。そう、私達は結構無茶な計画を立てたのです。

寒い九州の後は、真夏のオーストラリアへ Let's go~!と。
そう。良く考えもせず決めてしまったのです。
そして準備を進めていくうちに面倒な事に気が付きました。
それはダウンコートなどの嵩張る冬服、頂いた沢山のお土産、
ましてや小鹿田焼を抱えて行く訳にはいかないよねと^^;

なので、台湾へ戻る際に利用する空港へ先に荷物を送ってしまう事に。
オーストラリア行きは成田発、そして台湾へ戻る便は羽田発だった為、
今回は少しやっかいでした。
そこで今回利用させて頂いたのが、ヤマト運輸さんの 空港宅急便
航空券がある事が前提でしたが、空港宛に荷物を送れば受け取りまで預かってくれます(一つ当たり648円の手数料がかかりますが)
受取りは一週間以上後でしたが問題ありませんでした。

小さなハンドキャリーケースと段ボールを一つ。
私はクロネコの会員になっていて、今回は事前にチャージしていたお金で支払いをしました。
この方法だと更に送料が10%ほど安くなるのです。詳しくは こちら から。

そして荷物が軽くなった所で、空港内をふらふらと。
すると福岡空港に イタリアのジェラート屋 さんを発見!
c0326599_12130283.jpg
新婚旅行で食べたジェラート が余りにも美味しかったので、
一人ラーメン屋に入った主人を待って二人で頂くことに。

フレーバーはピスタチオと・・、あれ、何を選んだか忘れてしまいました^^;
c0326599_12164138.jpg
ブルーベリーヨーグルトでした。
c0326599_12172939.jpg
ピスタチオは他のジェラートよりも100円高いです。しかしこれは外せないでしょうと。
でも、でも、、お味はやっぱりイタリアで食べたジェラートとは違った~(;´Д`)
こちらのお店の物は、結構さっぱりタイプでした。

そんなこんなで飛行機に乗り込み、成田へと飛んだのですが、
ここからがこの記事の本題かもしれない(ってタイトルに全く入っていませんが)。
かなり恐ろしい体験をしたのです((((。iдi。)))

それは強風で飛行機が着陸が出来ないかもと搭乗前に案内がありました。
成田行きですが、状況によって羽田、または福岡に引き返しますとの事。
安全第一なのでこればかりは仕方ありません。でも、正直引き返すのはな・・^^;と。

と言うわけで、出発はもちろん問題なく飛んだのですが、
その後皆さんドキドキ状態で着陸です。そわそわ、、。かなり揺れます。
でも、この程度の揺れは良くあるとそんなに心配しませんでした。

が、しかし、着陸前になっても強い揺れが収まりません。そして地上がだいぶ近付いてきているのですが、
機体は左右にグワングワンと揺れ、こりゃまずいぞー(;'∀')!!!!
でもこのまま本当に行くのかー!とみんなきっと同じ気持ちで手を握りしめます。
私も主人に衝撃を抑えられる体制を取って!と泣きそうな顔で一声!
左右に機体がかなり揺れていて、このままだと車輪よりも先に翼が当たる。
腕を前の座席に押し付ける形で準備。もうダメだ~何でこれで着陸するのー!!
泣きそうだ~ って、本当に、本当に、本当にこのまま行くのー!!!(Д゚ll)コ

私はその時ひそかに覚悟しました。
顔は青ざめて青ざめて。もういいから羽田に向かってくれ~!
そして地上ギリギリ!三階建ての建物から眺めるよりも地上が近かったように感じましたよ???!
それでもまだグワングワンと揺れていて、やめて~ ほんとにこのまま行くの??行くの??行くのかー!!!! (☉д⊙)!

とその瞬間、エンジンの物凄い音と共に上昇。ぐおおおおおおぉぉぉぉ
流石に無理だと判断したようです。機内にはアナウンスが・・・。

羽田に向かう決心がついたのね~^^;とホッとしたのもつかの間、
再度着陸にチャレンジするとの事。
あーー、これはかなりまずいってば (((。iдi。)) また試すの??

そして、また同じ感じ。
揺れる揺れる揺れるー。左右に揺れとる~!!
そして地上ギリッギリで何とかバランスが取れたその一瞬で何とか着陸~!!!!
拍手が起こりました。流石にこれは生きた心地がせず、ぐったり。

もう無事に着陸出来て良かった。。(;´༎ຶД༎ຶ`)
荷物を手に機体を下りると、空港まではバスでの移動でした(イレギュラーだったからでしょうか)。
そこで初めて強風にあおられ風を感じたのです。かなり驚きました。もうそれはそれは物凄い風で飛ばされそう。
よくこんな強風の中、あの機体を着陸させたものだと。
関心と言いますか、感謝の気持ちになりました。
でも、こんな中 着陸しないほうが一番いいかもしれない。一歩間違えれば命取りですよ。

一気に疲れた私達。
こんな経験をすれば、飛行機が苦手になるのが分かります。

あー、本当によかった・・・
もう二度と体験したくない。
そして、自分の事を 整理しておかなくては と思いました。

結構売れているんですね。



[PR]
Commented by かな at 2017-02-15 17:30 x
recoちゃん、怖い思いをしたね!!Σ(゚д゚;)
私も飛行機がほんと苦手で…
揺れるのが怖くてたまらないのです。
recoちゃんみたいな体験しちゃったら、きっとますます飛行機が怖くなっちゃうだろうなぁ…((((;゚Д゚)))))))
でも、無事で本当に本当によかった!!

実際、交通事故の方が飛行機事故より確率がかなり高いと言うし、滅多なことではないんだろうけど…
でも、怖いよね。
私、スカイダイビングとかバンジージャンプとか絶対嫌だもの〜。落ちたらどうするの?とか、紐が切れたらどうするの?って考えちゃう(^▽^;)
心配性で怖がりなの〜。

九州旅行、天気に恵まれててよかったねー!!
北海道旅行は天気がイマイチだったから、こちらで挽回できたよね(*´m`)
Commented by R-intaiwan at 2017-02-15 19:00
> かなさん
かなちゃん、飛行機が苦手なんだね~。確かに怖い乗り物だよ。
レールがある訳でもないし、空を飛ぶなんてね。
こちら台湾では昨日バスの事故があったんだけど、台湾のバスのほうが怖いかな^^;

あの運転だもんなぁ。私は絶対にシートベルトは忘れません。
ニュースを見たけれど、もう身体がバラバ〇になっていて・・
何か持ち上げてゴロンと落ちたと思ったら、何と頭。。。。。。。。。。。
モザイク忘れてるってばー!!!!! と、本当に何に関しても適当なので命を預ける乗り物は怖いです。
でも、余りにも無謀な人が多すぎてまとめようがない感じかな。

スカイダイビングはしてみたいよ~!ははっ
確かにそれを考えたら怖いけど、私飛んでる~っていう時の高揚感に浸ってみたい。
ジンギスカンと同じで人生で一度は(笑)
バンジーは他のくないよねきっと。何あれ。ぷんぷん。意味のない怒り(笑)

九州はとってもお天気が良かったので最高だったよ^^
晴れてるだけで全然違う物だよね。最近こちらも晴れが続いて気持ちが良いです。
Commented by じゅん。 at 2017-02-15 21:52 x
ジェラートはピスタチオですよね~♡美味しそう!

そしてヤマトのクロネコメンバーズは仕事でしょっちゅう、家でも有難く使ってます♡
支払い時、ニャーンって鳴くのも好き(笑)

飛行機って揺れるとイヤよね~
私この前体調悪い時に東京から戻ってきて
着陸直前に突然酔って、しばらく空港でぐったり休んでましたもん。
本当にお疲れ様。。。私そんな目に絶対遭いたくない~!!

いやでもエンディングノートとか、女性の平均寿命87歳なのに、recoさん生き急ぎすぎよ~(笑)
Commented by R-intaiwan at 2017-02-16 22:33
> じゅん。さん
ピスタチオのジェラートは必須と聞いていたので試してみたのですが、良い意味で想像とは全く違って物凄く美味しくって(*^^*)
じゅん。さんもお好きでしたかぁ〜

あ、ヤマト確かにニャーンって言ってたかも。お隣に人が居るとちょっと恥ずかしい感じも^^;
10%〜15%って頻繁に使う人にはなかなか大きいですよね。

飛行機、たまに酔います。わかるなぁ。
飛行機の酔いって一気に来るから自分でもびっくりして焦ってしまって。
寝不足とかあると、酔いやすいですよね。どうしても行きは興奮気味なので眠れない事が多く、良くないコンディションで乗ったりするとなります。

エンディングノート、何か身近な所で急な死があると、
支度しておいて損はないなぁと思ってしまって^^;
通帳やクレジットカード、連絡して欲しいメンバーのメアドとか。
遺されたほうは決めること沢山でバタバタ忙しいだろうし、あったら助かるだろうなぁと。
お花はこの花が良いとか、この服着せてとかあれだけは絶対にいやとか(*^^*)
決める事沢山ですからね。
って、死んでからもコイツは欲張りだとか笑わせちゃうかもね。
あ、パンとかも入れて欲しいなぁ。寿司も(笑)
変な感じだけど、二人で元気なうちに笑って決めておくのも良いことなのかもしれないな、と(*´ω`*)えへへへ
by R-intaiwan | 2017-02-15 09:33 | 2017 旧正月 オーストラリア旅行 | Comments(4)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る