パティシエの作るシューケットは違った

今日は近所のお友達が家族で遊びに来てくれました。

彼女はフランスでパティシエをしていたので、
またまた手作りのお菓子を頂いてしまいました。

フランスの Chouquettes (シューケット)、ご存知でしょうか。
c0326599_23354203.jpg
一口サイズの小さなシューのお菓子です。
パールシュガーを振りかけて可愛らしい焼き上がり。

彼女は更にここにカスタードクリームをたっぷりと絞ってきてくれました。
去年の冬に二人目のBabyを産んだばかりの彼女。それなのに当日の朝に作って持ってきてくれたのです。凄すぎます。
c0326599_23382010.jpg
今まで自分で作っていたクリームはいつも生クリームと合わせた物だったのですが、
このカスタードクリームが濃厚で本当に美味しくってΣ(・□・;)
シューの甘さ、そしてパールシュガーのサクサク感、こってりとした濃厚カスタードが最高に合う~。
塩気も少し感じられて、これはうまいー!!!
サイズ感も絶妙。やっぱりプロって違うのね、と脇に並べた自作のプリンが恥ずかしくなりました。

本当に素晴らしかった。これこそ黄金比。
皆にも食べてもらいたかった。
シュー生地は絞り出して(焼く前の状態)冷凍出来ると聞いて、またまたびっくりびっくり(@_@;)
それならいつでも焼きたてが食べられますね。

今度、この配合を教えてもらえる事になったので楽しみです。
でも同じく出来るかな。

ではではまた、おやすみなさい。



[PR]
by R-intaiwan | 2017-02-27 23:45 | 台湾 頂きもの | Comments(0)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧