神戸 ポーランド陶器・食器店その① ceramika(ツェラミカ)

ポーランドの陶器に興味を持ったきっかけが何なのか忘れてしまいましたが、
先日ついに目にする事が出来ました。
それは想像していたよりも遥かに重量感があり、しっかりとした作りの物でした。

今回、二店舗にお邪魔してきました。
まず、一店舗目は ceramika(ツェラミカ) さん。ホームページは こちら
c0326599_12545494.jpg
お店の場所ですが、建物の二階にあり、
入り口が少し気付きにくかったのでお写真を少し載せておきたいと思います。
建物はこちら。
c0326599_12563443.jpg
三井住友銀行の看板がある新元町ビルの二階です。
自動販売機の左脇の入り口から二階へと向かいます。
この日は雨だったので、可愛らしい看板にはビニールがかかっていました。
c0326599_12572564.jpg
私が出かけると雨の確立が高いです。北海道でも結構が降ったなぁ。。きっと日頃の行いでしょう。
階段、またはエレベーターで二階へ上がると、このような入り口が。
c0326599_12590092.jpg
カラス越しに覗く可愛らしい店内、そして沢山のポーランドの陶器に胸が躍りました(´∀`*)
店内に入ると、お店の方がとても優しい笑顔で迎えて下さいました^^
c0326599_13004367.jpg
店内には沢山のポーランド食器が並んでいました。
初めて見るポーランドの食器にワクワクが止まらない(*´艸`*)
インターネットで見ていた食器の形、大きさ、絵柄など、実際に見るとまた違って見えて、
やはり焼き物類はネットで購入は出来ないと感じた瞬間でした。

こちら、気になっていた食器の一つ ↓ 。
c0326599_13103234.jpg
下から二段目にある中央の食器。ベーキングにも使える感じのサイズです。大きなお写真は こちら からどうぞ。
こちらのポーランド食器は、電子レンジ、オーブンレンジ、食洗器も可能な丈夫さが特徴の一つです。
そして絵付けは手作業なので、どれも一点物。
家族経営でされている陶器が、遠く離れた日本に並んでいるのは素晴らしい事ですよね。


食器はどれも素敵で、この沢山の中から好みの物を見つけるのはなかなかの一苦労。
メーカーさんによってがデザインが違うので、好みのメーカーさんを見つけてみるのが良いと思います。
ボレスワヴィエツ社、VENA社、ミレナ社・・など。
好きなデザイナーさんが見つかると一気に絞り込めます。

① 好きな柄を見つける(メーカーさんの絞り込み)
② 好みの形を探す
③ 実際に使う場面を想像する

こんな感じでしょうか。

見た目が可愛らしい物が多く、もちろんそれを使いこなせればいいのですが、
実際に生活に落とし込んで考えてみると、?となる形もあるのです。
見た目があまりにも可愛いのでついつい手を出しそうになるのですが、私は実際に使いたいので我慢我慢。

横長はどうかな、と思って手に取ったこちら。
c0326599_13403784.jpg
このサイズが書かれた張り紙を見て思います。縦、横○○センチと書くだけでなく絵まで入っています。
とにかく細やか。親切な気持ちが表れていて、こう言った感じのお店は本当に素敵ですね。

しかし、お皿は片手で持っていられなくなるほど重い^^;
実際にポーランドまで買いに行っていたら・・と内心ホッとしました。

どれが良いかと店内をぐるぐる。
あれ? ↓ こちらの食器は薄くて繊細な感じ。
c0326599_13451967.jpg
ガラスケースに入っているのは北欧のヴィンテージ物です、と教えて頂いたはず(いつもあやふやでごめんなさい)。
ポーランド食器の大らかな感じとはまた違った魅力。
見れば見るほど気になってしまいました。
写真上側はスウェーデンの Gefle ゲフレと言うメーカー ↓ 。わわっ、調べたら こんな素敵 なお店を見つけてしまった(;´Д`)
下側も同じくスウェーデンで GUSTAFSBERG グスタフスベリ。
c0326599_13474889.jpg
ポーランドの食器を見に行ったのでは?と自分にも問いかけましたが、気になったのだから仕方がない^^;
実際に手にとって見てみて下さい、とテーブルに乗せて下さいました。
c0326599_13500779.jpg
↑ お写真の上側にある黄色のカップ(別メーカーの物)が良いと思ったのですが、
ソーサーは無く、一点のみの在庫。
これだと飾るだけになってしまうと思い、二客揃っている下側の黄色のカップを良く見てみました。
リーフ模様が何とも繊細で可愛らしい。そしてとても軽く感じます。
結果、こちらに決定^^;
ポーランドの食器を見に行ったつもりが、スウェーデンの物になってしまいました。
c0326599_13535951.jpg
こちらが作られたのは1971年と私が生まれるよりもずっと前。なのに殆ど使用感も無くとても綺麗でした。
それを見て、自分も大事にしなくてはと思いました。
こちらは運命の出会いだったと言う事で。


二店舗目はまた次回ご紹介します。
では。


[PR]
Commented by じゅん。 at 2017-04-24 11:57 x
なーんだ。日本に帰ってきてたのですね~
お休みの理由が見当たらなかったので、変な勘ぐりしちゃいました(笑)

ポーランドの食器、可愛いですね~
私カラーリングのセンスがないので、どうしても色モノは避けてしまうのですが。
グスタフスベリは大好きで、ブルーアスターのカップ&ソーサーがどうしても欲しくて…でも高くて指を咥えてます。

このスウェーデンのカップ、落ち着いてて素敵❤
Commented by R-intaiwan at 2017-04-24 13:18
> じゅん。さん
そうなんです~すみません(;^ω^)変な心配をお掛けしました笑

グスタフスベリ、ご存知でしたか!わお、お値段見てびっくり!
こういう物ってある程度数を揃えたいのでなかなか手が出せないですね。
私も今回お皿を二枚買うので精一杯でした。
以前行ったイギリス菓子のお教室ではテイストが似ているティーカップをバラバラで出して下さったのですが、それはそれで素敵でした。
でも、似た物を合わせるまでもある程度投資が必要そうですね^^;

カップは、落ち着きのある色合いと繊細な絵柄に惹かれました。
もう早速テイストがバラバラです(笑)
Commented by すみれ at 2017-04-25 20:07 x
Rちゃん、素敵な出会いおめでとう~
こういうヴィンテージ物は、ビビッときたら買い時です。
後からって思ってると結構売れちゃうからね~
このイエローのカップ、とても素敵。私もこれ欲しいです。
2客揃ってて良かったね~!
素敵なティータイムを!(^^)
Commented by R-intaiwan at 2017-04-26 10:10
> すみれさん
ヴィンテージ物は初めて買いましたよ~ 全く意識せずでしたが。
そっか、そっか、なるほどそうだよね、他にあるとは限らない物だものね。
これは運命の出会いだったのね(*´艸`*) 間違いじゃ無かったのだと自分に言い聞かせられます。ありがとすみれちゃん♡

黄色のカップ、やっぱり素敵だよね~なんちゃって 私も結構気に入っています。
こういう物はやっぱり二客無いとかなぁと、お値段が倍になるのでなかなか手が出しにくいです^^;
by R-intaiwan | 2017-04-22 15:20 | お出かけ | Comments(4)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る