2017 オーストラリア旅行⑳ Railway Club Hotel でオージービーフ

オーストラリアの旅行記の続きです。
今までの記事は こちら からどうぞ。

今回は主人の希望で向かった、オージービーフが楽しめるレストラン、
Railway Club Hotel をご紹介します。HPは こちら
c0326599_22111558.jpg
お店が市内から少し離れている事もあり、事前に予約をして行きました。
予約の二時間ほど前でしょうか、確認の電話がかかってきました。

HOTELと書いてあるけれど、レストランと併設なのかしら。
少し不安になりましたが、建物の脇にはしっかりと牛の絵が^^
c0326599_22111588.jpg
入り口が良く分からず店内に入ったのですが、カウンターバーの様な席ばかりで少し驚く・・(;'∀')
映画で見るような、一杯やってくかと言った感じの男性が数名。
予約をしている事を告げると、こちらですと別の部屋へと案内してくれました。
あ、何だ、ちゃんとしたテーブル席が別であるのね~と、ほっと一安心。
私達が入り口を間違えただけですが^^;
c0326599_22130275.jpg
店内は落ち着いた雰囲気。テーブル同士の間隔も狭すぎず、なかなか良い。
しかし予約で押さえてくれていた席は階段脇で、ちょっと嫌だったかな。
スタッフ専用とはいえ、上り下りの際に埃が気になる。
言えば良いのに、私達やっぱり日本人^^;

メニューを見るも、私は牛肉がそんなに食べたい訳でもないので他を探します。
好きなのが鶏肉→豚肉→牛肉の順なので^^;
おっ、これは何だか忘れたけれど、オーストラリアではこれ!と何かで目にした名前の物を注文。

主人はもちろんお肉を頼んでいました。
調理場にはお肉がずらりと。
c0326599_22111698.jpg
これを見たら、お肉を注文すればよかったかな、と思ってしまうほど。
美味しそうなお肉達。
c0326599_22111670.jpg
ベーコンで巻かれたお肉、美味しそうだなぁ。
ビールとソフトドリンクを注文。
もちろん私のビールは主人の前に運ばれそうになりましたが、挙手してしっかり私の前に。
c0326599_22130382.jpg
パンも美味しい。けれど、ここでパンを沢山食べてしまうとお料理が入らないので我慢。
↓ 主人のお肉とサラダがやってきました。
c0326599_22111457.jpg
そして私はと言いますと、calamari(カラマリ)。
何か分かりますか?私は、あー、やってしまった、と。
c0326599_22111363.jpg
calamari とはイカの事で、イカフライをメインで頼んでしまいました (;´∀`)
イカと芋のフライをひたすら食べる私。美味しいけれど、これはメインじゃなかった~。

見かねた主人がお肉を分けてくれました。
c0326599_22111481.jpg
事前に調べる事はとても重要ですが、中途半端だと私のようになりますのでご注意ください。
主人はお肉を美味しそうに食べていました。
今でも、美味しかったなぁと口にしています。
c0326599_22111449.jpg
結局カラマリ君とお芋、全ては食べきれず残して来たような。
サクサクとしていてとても美味しいのですが、こんなに食べたらきっと胃が膨らんで大変な事になるかと^^;

食事代はサービス料込で A$120(約1万円)程だったかと記憶しています。
主人は美味しいお肉を頂けて大満足そう。
今回はちょっと贅沢なディナーでした。


ではでは、また!


[PR]
by R-intaiwan | 2017-05-02 11:01 | 2017 旧正月 オーストラリア旅行 | Comments(0)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧