カテゴリ:台北 面白い場所( 3 )

台北 建國假日花市

週末、主人が髪を切りに台北まで行くと言うので、
私は以前から気になっていた台北の花市(お花の市場)、建國假日花市 に行ってきました。
そうそう、こういう所は一人で行った方がじっくり楽しめます(*´艸`*)

最寄りのMRTの駅は、大安森林公園
駅から少し歩いた所にある、高架橋の下で週末のみ開催されています。
台湾で花屋さんを見かける事が殆ど無く、あまり需要が無いのかしらと思っていたらこんな市場が開かれていたのね~。
c0326599_16345676.jpg
高架橋の幅が結構あるので、雨や日差しにも困る事なくゆっくりと見る事ができます。
しかし、時間が経つにつれ混んできたので早めの時間に行くことをお勧めします。
因みに開催時間は週末の9:00~18:00となっています。

↓ 中に入ってみると、こんな感じ。
日差しが差し込む方はブルーシートのようなもので日陰になっていたのですね。今気が付きました。
両端にはずらりとお店が。そしてこれがかなりの距離続きます。
地図で調べてみた所、450m??!確かに物凄く奥まで続いていました。
c0326599_16371528.jpg
毎週末ここに草花を持ち込んでお店を出店するのも大変そう。購入者にとっては、とても有難い市場です。
出店はエリア毎に決まっているようで、その中で場所を回転させながら行っているそう。
なので、翌週以降同じお店に行きたい場合には、店名や雰囲気を覚えて置くと良いですね。
(同じエリアに出店するようなので、近くではあるはず。)
c0326599_17103500.jpg
ご紹介したい所がいくつかあったのですが、作品系の物だと写真がNGだったりと、お見せ出来ないのが残念です。
手のひらに乗るほどのミニ盆栽が物凄く可愛かったのですが。

まず思った事が、とにかく安い。
c0326599_16460014.jpg
2~3本入っているこの切り花、何と3束で100NTD(約369円)。
とにかく沢山あるので、多すぎて決められません。

切り花だけではなく、果物の苗木やら種、園芸用品、肥料、工芸品などなど。お野菜や果物を売るお店もありました。
そして見たことのないお花も色々と。
ここのサボテンは少しお高めでしたが綺麗。
c0326599_16493661.jpg
これは、袋状になったお花。ちょっと怖い。
c0326599_16501524.jpg
私はお花に関しては詳しく知らないのですが、
お花好きさんにはこの花市場、きっと楽しいはず。

そうそう、魚も(笑)
お口がぷーと膨らんだ金魚かな?
c0326599_17091355.jpg
猫ちゃんもいましたが、あれは販売している感じではなく見えました。
引き取り手を探しているのかも。

そそそ、そしてなんと前日に買った大理石の回転台!欲しかったサイズが売っていた~(;´Д`)
c0326599_17105944.jpg
あれ?しかも8寸(約24㎝)が300NTD(約1,107円)ですって?
因みに私が 前日 鶯歌で買った物は20㎝で290NTD(約1,070円)。
この時は380NTDの物が約24センチサイズだと思っていたので、この時は まいっかと思ったのですが、
わ~、これのほうが安かったー。

台湾に旅行で来られた際には、草木の持ち帰りは出来ないのでこちらの回転台は良さそうですね。重いけれど。
日本でもこのくらいの価格で買えるものなのかしら。
下の段の10寸だと約30㎝のようですね。流石にこれは大きいなぁ。ここで見た時には小さく見えたのに。悔しさが滲む。。

そして今回の目的はと言いますと、ハーブ!

先ずは、4鉢で100NTD(約369円)のお店。
元気な物ばかり置いてあったこちらのお店、なかなか混んでいました~。看板のお写真が無くてごめんなさい。
とにかく4鉢100NTDと大きく書いてあるお店です。
c0326599_17253156.jpg
↑ 写真中央、迷う、失う、香る、と読んでしまいそうになるのですが、これがローズマリーの中国語名。
ものすごくいい香り、でこんな風になってしまうと言う感じかしら??(*´艸`*)

私はこちらでローズマリーとミントを購入。たぶんミントのはず(自信なし笑)。
表記が無かったので迷っていると、メンソール、メンソールとお客さんとお店の方が教えてくれました。
レモンバームにも見えるけれど、香りはミント。きっと大丈夫。
こんな感じで困っているといつも助けてくれるのが台湾の素晴らしい所。ほんと、気を使わずに助けてくれる人が多い。
ちなみに、前日行った鶯歌から自宅に戻る際のバスも教えて頂きました。
お値段は、4鉢買わない場合には1鉢30NTD(約111円)です。

もう一店舗、元気なハーブを扱うお店のこちら。
c0326599_17355281.jpg
こちらでは、セルフィーユを購入。同じく1鉢30NTD(約111円)。
他のお店でも扱いがあったのですが、大きく育ったものでした。
今回は小さな物を探していたので、この二店舗で満足する物が購入でき、来て良かった。
c0326599_17392302.jpg
もう一つ欲しかったのが大葉。
これはどこのお店も大きな物しかなく、諦めてきましたー。食べたかったなぁ。

そして ↓ こちらは おまけ。
花市の奥に続いているの、石の市場
以前遊びに来てくれたお友達が行きたいと言っていた場所だったので(その時は結局行けず)、今回ちらりと覗いてみました。
c0326599_17433725.jpg
中に入るとこれまた石関連の物を扱うお店(宝飾品が中心かな?)がずらり~!!!
こちらは所狭しとお店が並んでいました。
c0326599_17465933.jpg
似たような物を扱うお店が沢山で、ここで買うのはかなりの難易度だと感じました。
お値段も交渉と聞いているので、きっと知らないと難しいはず。石を扱う専門の方向けかなぁ。
友人よ、ここに時間を取らなくて良かったかもしれない。

お昼時だったので、皆さんお弁当を片手に販売です。もちろん花市でもそんな感じです。
個人店だと、ほぼそうかなぁ。Carrefour のテナントさんでもレジで食べているのを見たことがあります。
こちらでは普通の事ですね~(笑)

と言う事で、我が家に来たハーブ3兄弟。
c0326599_12340578.jpg
仲良くしてね~。

ではでは、また。


[PR]
by R-intaiwan | 2017-03-20 16:29 | 台北 面白い場所 | Comments(8)

こんな所にまで入ってる

ちょっと面白い食べ物発見。
私の好きなタピオカミルクティ。

タピオカはこんな所にまで入っておりました(笑)
(珍珠=タピオカ)
日本で言う大判焼き。台湾のはサクッとしてて皮はとても薄い。
c0326599_01095756.jpg
本日銀行に行ったついでに食べてみた。
ん~、ここに入ってなくてもいいかな(笑)

飲み物に入っているほうが好きかもしれません。

またね~
おやすみなさい~


[PR]
by R-intaiwan | 2014-04-24 01:10 | 台北 面白い場所 | Comments(0)

迪化街


今日は、台湾のお友達と一緒に迪化街(てきかがい)に行ってきました^^
日本に居た頃から、ずっと行ってみたかった場所です。

それは何故かって?
それはね、『製菓道具・台北』で検索すると、必ずヒットする場所だからです(笑)
ドライフルーツ等もあると聞いたら、行かない理由がありません。
ちなみにこの真ん中にあるお店が製菓道具のお店です。
このお店のお話しはまた今度。
c0326599_00323824.jpg
お正月前の迪化街は、一年で最も混みあう時です。
(日本で言うお正月前のアメ横のような感じで、お正月用品を沢山買い求めるお客様で混雑します)
c0326599_00323856.jpg
c0326599_00323883.jpg
これはまだ空いている段階のお写真です。お昼を過ぎると、どっと人が増えてきます。
色々写真を撮ってきたので、数回に分けて紹介しますね。

まず始めに。
今回一番衝撃的で面白いと思った所(お店)。
台湾の『潤餅』と言う物(たぶん。。)を販売するお店。
(名前が間違っていたらごめんなさい。)
場所は迪化街にある、永楽市場の中にあります。
台湾では、お正月に潤餅を食べる習慣があるそうです。
食感はもちもちとしていて、柔らかいタイプのクレープのような感じ。

この潤餅を作る工程が、とにかく面白い。
粉物好きの私にとっても、そうでない方でも面白いと思います。
c0326599_00404647.jpg
お二人のおじさんが、手にもちっとした生地を持ちながら、
熱くなった鉄板に押し付け、手早くぐるりと広げて行きます。

ワォ!
その面白さに釘付けになりました。
動画を撮ったのに、アップの仕方が分かりません^^;
潤餅・動画で出てこないかな。あった!→こちら
c0326599_00323724.jpg
私がお邪魔したお店の店主は、もっともっと綺麗な丸に広げていましたね。
動画を見ると、生地が生き物みたい。スライムみたいですね~
お店は代々引き継がれ、なんと60年も続いているそうですよ!凄い!
奥さまもこの美貌で60歳だそう。お若いですね~^^

写真にもあるように、もちーっと伸びる感じの生地です。
あー、たまらない。
材料は、小麦粉、塩、水の3種類だけだそうです。

基本はプレーンなのですが、粒粒の物が入った物もあって、
これはたぶんピーナツの粉が入っているのではないかと思います。
香りと味から判断しているので、これまた違っていたらごめんなさいね^^;
お値段は600gで160TWD。560円。(たぶん)
(台湾でお買い物する際には一斤と言う単位で計算します。一斤=600g)
さっきから、‘’たぶんとか思います“ ばかりでごめんなさい。
こういうお店ではレシートが出ないので、忘れてしまいます^^;
サイズが二種類で、私は包めるのに楽な大判サイズにしました。
c0326599_00323791.jpg
奥さまが試食を下さいました。
外国人は無料よ~なんて言いながら^^
お砂糖は入れますか?との問いに、入れなくてもいいですと答え、何を包んだ物なのか分からずぱくり。
もちっとした生地に巻き込まれていたのはピーナツの粉でした。
素朴な味で美味しい~。
現地の人はおやつにこういうの食べるのかな、なんて考えたり。これは癖になりますね。
それよりもとにかく生地がたまらない。何を包んでもいいね~♪
ピーナツはお砂糖と一緒だともっと美味しいかも。塩とかすこーし入れたりして。
甘じょっぱくて、もちもち。うん、大好き^^

私以外にも他の国からのお客様がいらっしゃいましたよ。
もちろん作る所を動画に収めていました(笑)
c0326599_00323820.jpg
最後にもう一度、素敵な笑顔!
台湾の人情味のある接客に癒されました^^
本当にどうもありがとう~



[PR]
by R-intaiwan | 2014-01-16 18:55 | 台北 面白い場所 | Comments(5)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧