カテゴリ:手作り 台湾おやつ( 6 )

レモングァバのフレッシュジュース

台湾おやつのカテゴリーにしたのですが、
本日ご紹介するのはドリンクスタンドで頂いたフレッシュジュース、
レモングァバです。美味しかったので自作してみました!
c0326599_15054760.jpg
先日、無添加のドリンクスタンドがオープンしているのを発見し、
店長さんお勧めのマークが付いていたこのドリンクを頂いてみることに。
するととてもさっぱりしていて、そのまま頂くグァバよりもずっと好きなお味!
そこで早速自作してみた、と言う訳です。

美味しく出来たので、グァバが手に入りましたら是非お試しください♪ ↓

レモングァバジュース(カップ2杯分)

グァバ(皮は剥かず種のみ取りざく切り) 正味175g
シロップ(砂糖18gと水15gをレンジで溶かしたもの)30g程
ミネラルウォーター 160g
レモン汁 15g

この材料を容器に入れ、ハンディーブレンダー、またはミキサーで攪拌すれば完成です。
グァバの甘さはそれぞれかと思いますので、
お味を見ながらシロップやレモン汁の量をお好みに調整してみて下さい。
元気になりたい時にはレモン多めでキュンと☆


近況ですが、今は物を増やさないようにと過ごしております。
食材も使い切り。お菓子も出来るだけ買わないように。
しかし、濃厚なチョコレートだけが全く減らず、
主人がクッキーのような物が食べたいと。

なので、自宅にあるココア、薄力粉、バター、ホワイトチョコを消費すべく作ったのがこちら。
c0326599_15192391.jpg
小さなクッキーを焼いて、間にホワイトチョコを挟んでいます。
レシピは こちら の本から。
ビターなココアクッキーが無茶苦茶美味しい。大人のお味。


実は引越しする事を想定しておらず、日本から買い込んできてしまった食材が沢山あるので、
毎日、家にある物の組み合わせで何が作れるかと奮闘中。

クッキーを入れたタッパー容器は、
お気に入りのスヌーピーの物。オーバル も可愛いな。
スヌーピーが好きというと、何だかおばさんだなと感じます(笑)
c0326599_15243633.jpg
暑いので冷蔵庫保存で頂いています。ガリッとして冷たくて美味しい。


これから本の整理をもう一度します。
毎日片付けとフリーマーケットの手配。
靴も捨てました。パンの発酵カゴやパイの型はお嫁に。
オーブンも近々お嫁に出す予定です。
それからジューサー、ホームベーカリー、珈琲メーカー。
主人のゴルフ用品も。クリスマスツリーも一生物の予定で購入したけれど、手放しました。

物、、沢山あるね。
見えないように仕舞うのが得意なようです。

まだまだあります(;´∀`)

また~。


[PR]
by R-intaiwan | 2017-07-27 15:39 | 手作り 台湾おやつ | Comments(2)

ブタさん饅頭(まんとう) リベンジするも成功せず・・

近所のお子さんにあげたくて、
一年半ぶりにブタさんの饅頭を作ってみるも、
前回 と同じ、この結果。
c0326599_16295309.jpg
は~、何と無残な。
でも二回目ともなると手際も良くなるものだ。今回は餡も入れました。
成形もめんどくささを感じなくなりました。

萎むのは、蒸し布をしていないから、蒸しあがって直ぐに蓋を取るから、
と言う検証結果からこの度作ってみたのですが、結局全然違ったようです。
じゃぁ、グルテンが足りてない? いやいや最終発酵までは問題ないので、蒸す段階かと思われます。
可愛いブタさんを完成させたい~!


私が一番気分が盛り上がる作業工程がこちら。
発酵前に鼻の穴をあけておくのですが、発酵後に小さくなります。
なので最後のほうにまたこうして再度爪楊枝で穴を。これが気持ちいいの(笑)
c0326599_16331914.jpg
ほらね、左の穴がしっかりしたでしょう。

こんな風に蒸篭に入れているのですが、蒸篭が小さすぎるのかな。
c0326599_16353320.jpg
蒸篭だから布もきっと要らないはずなんだけど、
検証結果から(ネットで調べた)取りあえず布も。
c0326599_16362913.jpg
蒸し時間は中火~強火(たぶん日本の強火)で15分。
その後火を止めて5分待ちました。
以前作った時には、蒸し終わって直ぐに蓋を開けると、みるみるうちにしゅーーっと萎んでしまって。。

今回蓋を開けた時には、既に萎み切ったブタさん達がこちらを覗いていました。
c0326599_16393103.jpg
一番下に置いた3個入りの物が少しマシな状態でした。
と言う事は、蒸気不足?と言う事かしら。蒸篭に対してキャパオーバー??

一番ひどいのはこんな感じ。
c0326599_16411911.jpg
マシな物はこんな感じ↓ 。
c0326599_16414202.jpg
蒸気が足りてないのだねきっと。
今度は一段ずつ試してみようかな。


おまけ
最近食べるようになったさつま芋の葉っぱ。台湾では良く食べられています。
ここに来るまで食べた事がありませんでした。

茎は硬いので、葉だけを刻みニンニクと油でサッと炒め、味付けは塩や中華出汁などで。
少しお湯を足してあげると葉が黒く変色しにくくなるそうです。
c0326599_16431489.jpg
葉の部分がトロリとして、つるむらさきのような粘りが出ます。
栄養が豊富で更に便秘には最高。私は便秘ではありませんが、良く頂くようになりました。美味しいです。

ではでは、また。



[PR]
by R-intaiwan | 2017-03-24 08:40 | 手作り 台湾おやつ | Comments(4)

ブタさん饅頭(まんとう)

具の入っていない生地だけの物を、
饅頭(まんとう)と言います。

今回は、インターネットで可愛い豚さんの饅頭をみつけたので、
早速作ってみました^^

c0326599_01510964.jpg
生地の一部をピンクにして、目は黒ゴマです。
可愛い~。
これは、乾燥しないようにフライパンで保管している時の画像。
c0326599_01510993.jpg
窓越しに見えるブタさん、愛嬌があります。
私はこういうセンス(顔など)が全くないので、誰かの物を参考にしないと作れません。
画を描いても酷いのです^^; アンパンマンすら描けないです。

蒸篭に仲良く並べて、
さぁ、蒸し上がり~。

!!!!!!!!!!!!
ひゃ~

c0326599_01510936.jpg
なんと、上手く残ってくれたのは一匹だけでした。
悲しい・・

このブタさんのしぼんだ顔を見ていると、
本当に悲しくなって、その後、笑いもとまらず。

c0326599_01510928.jpg
とても残念な仕上がりになりました。
小ぶりのブタちゃん、結構大変だったのにな。

現地の方に聞いた所、水滴が原因じゃないかなと言われましたが、
蒸篭なので水滴はそんなに落ちないと思ってたんだけどな。
他に考えられる原因としては、蒸し上がってから直ぐに蓋を取ってはいけないと言う事。
蒸らしが必要みたい。

ほんとうにがっかりのブタさんでした。
また作るかと言うと、冷凍庫のブタさんがいなくなるまでは無いかなぁ。

ではではまた。



[PR]
by R-intaiwan | 2015-07-21 23:36 | 手作り 台湾おやつ | Comments(4)

仙草凍

今回は私の大好きな台湾デザート、仙草凍。
手作りしました~^^

近所の友人も来ていたので、一緒にあーだこーだと言いながら、
美味しく可愛く完成!私バージョンの仙草凍♪
c0326599_19214926.jpg
このデザートを作るきっかけをお話ししましょう。

先日、タクシーの運転手さんからこんな物が。
(話題によくタクシーの運転手さんが出てきますが、専属の運転手さんなのです)

・・・・

良く分からない。
一体これは。。
c0326599_19214949.jpg
袋一杯に入った枝。かなり大きな袋。
何とこれは私が好きなデザート、仙草凍の材料だったのです!
(仙草凍はこちらの記事で少し紹介しています。凍=ゼリーの意味)

私が前回台湾に戻った際、迎えに来てくれていた運転手さんと、
仙草凍が好きなんだよね~、台湾に戻ってきたら是非これを食べたい、なんて話をしました。

その時に手作り出来るんだよ、と言っていた事を思い出しました。
この日、出勤したはずの彼が直ぐにこれを抱えて戻ってきて、びっくり。
そりゃ、こんな大きな枝の袋、会社に持っていけませんよね笑

と言う訳で、早速調べて作ってみました!
どうみてもただの枝です笑 でも、仙草独特のいい香りが既にしていますよ^^
c0326599_19214993.jpg
天秤にのせながら、重さを量っています。(ちなみに今回使用したのは、頂いた600gのうち50g。)
これをしている最中、いつもと光景が違い過ぎて、
私、一体何をしようとしてるんだろうと訳が分からなくなりました笑
友人の彼女も作ってる最中、笑いながら tree tree と連発するものですから。
確かに、木です笑

何度か洗って綺麗になったら、枝が隠れるくらいのお水を入れて、蓋をして4時間、弱火で煮込みました。
味は少し苦いのです。そして、香りが強い。
始めは嫌いだったのに、すっかりこのデザートの虜。

丁寧に濾過して、お砂糖とゼラチンでゼリーにします。
c0326599_19215943.jpg
こんなに多きな器で2杯分程出来ました。彼女が来てくれていて良かった。
半分持ち帰ってもらいましたよ。

ゼラチンを入れずお砂糖だけで頂くのが、冬バージョンの仙草茶。これは飲み物です。
これにお団子や餡子、はと麦などトッピングを色々入れた物(焼仙草)も美味しいのです。

c0326599_19214963.jpg
ちょっとゼラチン多すぎましたね。ブリンブリンし過ぎです。
本当はもっとゆるくて、スプーンからペロンと落ちるくらい。

口どけが良くって、夏の身体を冷やすのには持って来いです。
豆花も同じ意味合いでのデザートですね。美味しいんだなぁこれが。

ここに、先日お友達から頂いたお抹茶アイスを添えました!
このアイス、凄く美味しかったよ~!!
ほろ苦い仙草ゼリーと上手い具合に馴染んで、
ミルク感がゼリーの風味を更に引き立ててくれます。
(写真に夢中で溶け出している事に気が付くのが遅かった。アイス関係は撮影が忙しいっっ)
c0326599_19214959.jpg
お団子は、湯圓と言って台湾で人気のお団子です。
もちもちしていて、芋圓と良く似ています。同じ仲間ですねきっと。
お味は日本の白玉と同じ感じです。

黄色いのはさつま芋の湯圓、薄紫色がタロイモの湯圓、白はプレーン。
スーパーならきっと何処でも販売されています。私は彼女から頂いた物を使いました。
可愛いサイズの小さな湯圓。色合いも優しくって好きです。

メープルシロップを少し垂らしたら、更に美味しかった^^
c0326599_19214926.jpg
この枝は市場でも販売されているそうで、
もし台湾にお住いの方がご覧になっていたら、是非お試しください^^

今回の配合を書いておきます。
仙草乾 50g(4時間煮ましたが、もっと風味が濃いのが好きなので次回はこの量を増やすか、時間をかけるかしたいと思います。)
水 2000cc(煮た後は1800cc程に減ります)
砂糖 76g(控えめの甘さです。アイスを入れると丁度いい。)
ゼラチン 36g(今回は硬過ぎたので、次回は22gくらいかな。何も入れなくても少し固まるらしいです)


ではでは、また~^^


[PR]
by R-intaiwan | 2015-07-11 21:03 | 手作り 台湾おやつ | Comments(2)

パッションフルーツとマンゴーのコンフィチュール

暑い日が続いていますが、
どことなく秋を感じさせる気配です。とは言え、もちろん暑いんですけどね。
日本はまだまだ夏と言った感じでしょうか。

先日話していた大好きなパッションフルーツを使って、
コンフィチュールを作りました。
c0326599_20200843.jpg
パッションフルーツ5個からは140g、種の部分が取れました。
果肉じゃないよね、種だよね^^;
黄色い所を果肉と言うのかしら。

マンゴーは240g程。
台湾の果物の糖度が高いので、グラニュー糖はくだもの全体の20%計算で。
(ベーカーズ%の計算方法です)
レモン汁も入れて、ぐつぐつ。
今回はペクチンも入れています。
参考にさせて頂いたのが、リリエンベルグ横溝さんのレシピ。
こっちではパッションフルーツがお手頃なので、
そちらの比率を上げることが出来ました。マンゴーの5倍くらい好きかも。
c0326599_20200102.jpg
あっと言う間に2瓶完成。作り方は、以前に教わったいがらしろみさんの物を参考に。
これはヨーグルトに入れて、朝食に頂きたいと思います^^

何か作るって、やっぱり楽しいし嬉しい~


本日、また近所の果物屋さんでフレッシュフルーツドリンクを購入。
今回は新しい種類、ドラゴンフルーツとパッションフルーツのミックス。
c0326599_20381385.jpg
これとこれ、と指差しで選んで、優しい店主さんが手早くガガーっと。
これには蜂蜜が合うよ、と言ってくれて、シロップの代わりに蜂蜜を入れてくれました。
前より甘さを控えてもらいましたよ。
あっという間に完成^^
c0326599_20381303.jpg
じゃーん!
凄い色でしょー 美味しいよ~♪
この赤いのはねドラゴンフルーツっていうんだけど、
実の部分が白い物のと、どピンクの物と二種類あります。

そしてそして、このピンクのほうは要注意。
お腹がとってもゆるくなるそうです~ 同僚が前日に食べたとかでお腹抱えてました(笑)

明日大変な事になるのかなー
でもチャレンジしてみたかったのよね。
そうそう、ドラゴンフルーツはそのまま食べると味気ないので、
何かとこうしてミックスしないと美味しくないと思います。

あ、あれれ、本当だ。舌がピリピリしてきたぞ。
hotな感じですよー

たぶん500ml以上はあるので、無くなるまで3日はかかるかな~^^;

以上、本日のお話しでした~



[PR]
by R-intaiwan | 2014-08-16 20:45 | 手作り 台湾おやつ | Comments(2)

芋圓(ユィユェン)

今日も天気が良かった~。
日差しが強すぎて、家の中でも日焼けする。
暑い・・。日本の皆さんごめんね。
c0326599_19511771.jpg
昨日焼いたパンは、厚切りにしてピザトーストに。
朝食です。
c0326599_19504051.jpg
ようやく覚えた小ぶりサイズの調味料。
沢山買うとお得だけど、使い切れないしね。
はは、今頃ですよ^^;
c0326599_19504054.jpg
トマトソースはHEINZのトマトペースト使っています。お手頃価格で手に入るので、とっても便利。
自分で作ったらあんなにペタペタになるくらいまで煮詰められないもんな。
味が濃くて美味しいのです。

ふらりと近所のカルフールに買い物へ。
パーカーでも暑いなぁ。でもね、日差しが無くなると風が強くて一気に寒くなるの!
調節難しいです。
お店のお向かいの大きな病院。天気が良くて撮ってみた。
c0326599_19552368.jpg
そして粉売り場。
肉まん専用の皮の粉や、台湾独特の唐揚げ用の粉(サクサクなの)、
餃子の皮用の粉など、日本とは品揃えが違うので、異国のスーパーなどを覗くのは大好きです。
ここで買ったのが、タピオカスターチの地瓜粉と呼ばれる物(粒子の大きな方)。
地瓜粉のパッケージに唐揚げの写真が載っています。
台湾揚げ物がサクサクに仕上がるのはこれのお蔭のようです。(ググりました)
昨日の角食パンの耳がサクサクになった訳はこれだったのですね!

私はこれを使って、昨日のお芋の残りで芋圓と言う台湾デザートにチャレンジです。
九份の噂のもちもちスイーツ、まだ食べてないのに、
やっぱり自分で作ってみたくなる。
c0326599_21063486.jpg
芋は、タロイモ、紫芋、そしてさつま芋の三種類。
水分はそれぞれの素材によって調整します。

覚書。

芋 100%
地瓜粉(タピオカスターチ) 40%
太白粉(片栗粉)10%
水 10~40%
砂糖 10%

これはマクロビスイーツとしても大丈夫ですね!
是非yoriさん作ってみて~ 美味しいよ~

蒸したお芋を潰して、その他の全ての材料と合わせ捏ねます。
耳たぶくらいの柔らかさにしたら、そのままラップをして暫く寝かせます。
(私は2時間くらい置きました)

適当なサイズに切って、丸めます。
c0326599_21063343.jpg
手が紫色に染まるので、弱い色から始めましょう。
二色混ぜてみました。
カラーボールのような、まるで食べ物ではない恐ろしい物に変身(笑)
茹でたらさらに恐ろしい事に。
c0326599_21181848.jpg
茹で汁が青い~ そこに黄色。
食欲減退です。
(茹で時間は白玉と同じ要領で、浮いてから2分ほど。その後水気を切り氷水へ投入)
これだと少し火加減強すぎました。
でも、台湾のガス、とっても火力が強くてお気に入り^^
野菜炒めが違います~

さて、器へちゅるりんこ。
c0326599_21181945.jpg
黄色の光の所(食卓)に運びます~
c0326599_21181969.jpg
雰囲気変わるね~。
茹でるとどぎつい色も無くなって、美味しそう。
シロップは三温糖の様な茶色のお砂糖を使いました。
c0326599_21181957.jpg
とてもヘルシーです。
油分の無いお菓子って、さっぱりしてて胃ももたれないし、
とても気に入りました。
甘さ控えめでもっちもち~♪ 初めて作ったけど、とても美味しいです^^

10粒だけ茹でたので、他は冷凍してあります。
これでいつでも芋圓が楽しめます^^
c0326599_21181937.jpg
写真しつこいってね(笑)
だって美味しかったんですもの。

ではではまた~



[PR]
by R-intaiwan | 2014-01-18 00:52 | 手作り 台湾おやつ | Comments(6)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る