人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イタリア旅行記 Day 1‐Day 2 ミラノ

今回の旅行は、予定を組む時間がないと思った為、ツアーに。
ガイドさんに付いていくだけなので楽チンです。

今回のツアーではイタリアの北部に位置するミラノから南下していきます。
ミラノ→ベネツィア→フィレンツェ→ローマ→ナポリ→アマルフィ→ポンペイ
そしてローマからの帰国でした。

なので、まず初日はミラノから。
夕方到着のフライトのためそのままミラノの宿に宿泊。

ヨーロッパツアーはバスでの移動が多くなるため朝が早い。頑張れ私達~
ホテルが郊外だった事もあり、お仕事に向かう皆さんは車通勤の様ですね。
そこそこ混んでおりました。
c0326599_19531643.jpg
まず今回のツアーでの一つ目の世界遺産、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会へ。

向かってる途中に車中から収めた一枚。
花屋さんと、タバコ・新聞を買うようなお店。
こういった光景だけでも何だか嬉しくなってカメラに収めてしまう。
c0326599_19531548.jpg
到着~。
左手正面からよりも脇道に行ってみたらとっても素敵な建物だと言う事がわかりました。
ここで最後の晩餐を。ここでの鑑賞が含まれているツアーでしたので、並ばずに時間通りに入る事が出来ました。
撮影禁止でしたので画像はありませんが、やはりその中で感じる空気は特別でした。
彼が色々と説明してくれたけど、私には良く分からず。。価値を理解出来ずもったいない人です。

さて、ここからバスで移動してミラノの中心地へ。
ここから自由行動。
c0326599_19531651.jpg
赤い路面電車がとっても可愛らしい。
シックな色合いのこの街に、赤がとてもぴったり。

ディズニーのワールドバザールのモデルともなったアーケード街。
本物はとっても素敵。あ~、ここを眺めているだけでも幸せな気持ちになります。
最後の晩餐よりも喜んでいる自分、ほんとに浅いですね・・
c0326599_19531638.jpg
素敵なアーケード街を抜けて向かったのはこちら。
ミラノのドォーモ。
c0326599_19531618.jpg
大きいですね。せっかくですのでチケットを購入して中に入りました。
ステンドグラスから差し込んだ光が丁度壁に当たっていて、とても綺麗でした。
フランスやカナダでも見てきましたが、こちらは柱が多いのが特徴的でした。
外観もその柱ごとに尖っているようですね。
c0326599_20080325.jpg
さて、続きまして小腹が減ってきましたので、
近くに何かないかなぁとテクテク。

街並みはこんな感じ。
歩いている女性や男性のお洒落な事と言ったら。
おじさん、おばさんがこんなに素敵だなんて。北のほうは、とてもお洒落な方が沢山。
写真に収めたかったなぁ(変態)。
南に行くほどそういう方が減って、気が付いた時には既に遅し・・
c0326599_20080363.jpg
歩いていると、彼がここはパンも売ってるみたいだよ、
少し休憩がてら寄ってみようか、と。いいね~、流石。

窓から中を覗くとこんな感じ。大きなパネトーネが並んでる!
そうだ、クリスマスシーズンだもんね。これは本場の物を食べてみたい!
c0326599_20080490.jpg
パネトーネは大きな物と、中くらいのサイズの物が。中くらいといっても頭くらいのサイズ。
そうだ、今日はまだ初日。どうしよう。でも、パネトーネは日持ちするんだった。
なので中くらいのサイズを一つ持ち帰りで購入。イートインでピッツァを一つ。

美味しそうなお菓子も沢山。
↓画像下の一番手前、丸い物がパネトーネです。
c0326599_20080304.jpg
イートインのピッツァは熱々に焼き直してくれ、
カットが必要か聞いてくれます。

ナスとトマトソースのこのピッツァ、恐ろしい美味さでした!!!
ひゃ~!!こんなに美味しいの初めて食べた!
もう、二人で興奮。生地も日本のピッツァのパリパリとは違うんです。
日本のクリスピーピッツァは硬い。このお店の物は、初めての食感。
生地は決して薄くなく、ちゃんと食べごたえがあるのに、サクサク、ザクっ、ふわっといった感じ。
そしてたっぷりの濃厚なソースがむちゃくちゃ美味しかった。
このお店の為にまた行ってもいいほど美味しかったです。

今まで10年程の間に食べたパンのなかで、本当に美味しいと思ったのは、
たま木亭さんのバゲット、名古屋のバゲットラビットさんのハードパン、そしてここのパン。
全て熱々で頂いた物ばかりです。
パンの美味しさって命がある。
特にハードパンは熱々の焼き立てを頂点に、時間の経過で美味しさが急降下する。
熱く語るほどに美味しかった。

初日で言うのもなんですが、今回の旅で一番美味しかったのがここのピッツァでした。
パネトーネは自宅に戻ってからもちろん焼き直して頂きましたが、
これも余りの美味しさに、衝撃を受けました。これがパネトーネだったの?と。
見た目はパッサパサに乾燥している感じだったのに、焼き直したら本当に柔らかくジューシーに。
洋酒に漬込んだドライフルーツと、たっぷり使用されているであろうバターと卵のリッチな味と口どけ。

よってお値段は高め。€14ほどしました。ピッツァは€5ほど。
購入時には大きなほうとお値段間違ってないよね?と思いましたが、
どちらも食べて納得の価格でした。

お店を出てすぐ目の前にあったお菓子屋さんにも立寄ってみる事に。
自由時間が限られているので見たら入っておかないとね^^♪
ここではコルネを購入して店前で直ぐに頂いたのですが、本当に美味しかった。
こちらの2店、ドォーモから歩いて直ぐです。
是非是非寄って頂きたいお店です。

この後は、のんびりとした景色を見ながら水の都へ移動です。
c0326599_16051391.jpg
近付いてきたようですね。
c0326599_16051263.jpg
この続きはまた次回に。


本日紹介したお店です。
Princi さん
パネトーネとピッツァの美味しかったお店

直ぐお向かいのコルネの美味しいお菓子屋さん

ではでは、また。


全てのイタリア旅行記は こちら からどうぞ。


by R-intaiwan | 2016-01-24 16:22 | 2015 イタリア 新婚旅行 | Comments(0)

新婚旅行 イタリアへ

結婚式が終わっての翌朝、イタリアへ。
少し疲れているけれど、このスケジュールが一番かと思い、頑張りました。
8日間の旅でしたが、とてもギュッとした内容だったので、終わってみるとあっと言う間です。

やはり西洋文化が生み出すものは、何だか日本とは全く違って感じました。
日本も素敵な所が沢山あって、そして同じように様々な国々にもそれぞれに素晴らしい事があります。
その中の一つ、イタリアもとても素敵な場所でした。
c0326599_19003030.jpg
彼は長時間のフライトが初めての為、色々と準備してあげました。
(今後、もう嫌と言われないように・・笑)
乾燥対策や、寝心地を良くするグッズを揃え、
両替は台湾の空港で準備済み。

台湾空港の両替手数料のお安い事。
あまり気にした事がありませんでしたが、
台湾では一回あたり100NTD(本日であれば350円ほど)。かかる費用はそれのみ。
日本は金額に対して数パーセントと言った計算ではなかったでしょうか。

今回、日本円・ユーロの二種類をお願いした所、100NTDのみで済みました。
確認した所、やはり一回当たりですので、二種類であろうが1回ですので100NTDとの事。
何だかちょっと嬉しくなりました。

つづく


全てのイタリア旅行記は こちら からどうぞ。


by R-intaiwan | 2016-01-16 19:05 | 2015 イタリア 新婚旅行 | Comments(2)

結婚式

皆様お久しぶりです!

昨年11月29日に、無事に結婚式を終える事が出来ました。
遠方よりこの日の為に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

c0326599_16313249.jpg

当日は気温も上がり、晴天、最高の結婚式日和となりました。
眩しくて外では目を開けるのが大変な程でした。
ブライズメイドさんにグルームズマンの皆様、
そして長い間ご協力を頂きましたスタッフの皆様にも御礼申し上げます。
沢山の方々のお蔭で、とても心に残る結婚式を挙げる事が出来ました。

準備は色々と大変でしたが、その分思い出深い物となりました。
二人の心に深く刻み込まれ、更に絆も深まった気がいたします。

少しずつではありますが、新たな気持ちで二人手を取り、歩んで参りたいと思います。
今後もどうぞ宜しくお願いいたします。



by R-intaiwan | 2016-01-08 16:41 | Comments(4)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る