<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イタリア旅行記 Day 2 ヴェネツィア

だいぶ時間が空いてしまいましたが、またイタリア旅行記の続きを書きたいと思います。
前回の記事はこちらです。

ミラノからバスで移動した先は、水の都ヴェネツィア。
有名な場所ですので、こちらに向かうのをとっても楽しみにしていました^^
c0326599_15280755.jpg
到着したのは夕方ごろ。(写真は少し日が落ち始めた頃のものです)
日が沈むのが遅いと、こうして色々な場所を楽しめるのはいいですね。


街の中を歩きながら撮った一枚です。船を走らせるので、こんな感じで見通しが良いのです。
もっと沢山写真を撮ったのですが、今回は自分たちも沢山写っているのでご紹介出来るのが少しですみません。
さらに、主人から自分の目で見てもっと楽しんで、との言葉に 確かにそうだねと。
c0326599_15281839.jpg
もっとずーっと引いた所からの景色をお見せしたかったですね。
う~ん、悔しい。
是非‎ヴェネツィア・画像で検索してみてください笑

私達はオプションでゴンドラの予約をしていたので、順番に並んでゴンドラへ。
この時間に着くと、日が落ちるタイミングで乗れるのでとーっても綺麗。
少しお高いかな、と思いますがその価値はあるかと。
夜景よりも、夕暮れ時が一番美しいのです。
c0326599_15280736.jpg
ゴンドラに揺られ、静かな水の上を進んでいきます。
ちゃぷん、ちゃぷん、と水の音がするくらいで、静かで本当に素敵な時間。

日も落ち、あたりは青色と黒に。そして静かに揺れる水に反射した光がとても幻想的でした。
c0326599_15280885.jpg
あー、なんて気持ちがいいんだろう。
夏にもう一度来てみたいなぁ、とみなさん口を揃えます。
ゴンドラに揺られ、静かで贅沢な空間を過ごしました。

ゴンドラを降りてから、あまり時間がありませんので足早に街の中を。
ツアーだと、もう少し見ていたいと言うのが出来ないのでそこが少しだけ残念。
仕方ありませんね。
c0326599_15280734.jpg
可愛らしい建物で挟まれた路地。
アジアにはない、ヨーロッパ独特の建物が本当に素敵ですね。

ガラス細工も有名だそうで、こんな風船もありましたよ。
ガラス細工のピアスを思い出に買いたかったのですが、時間がなく決めきれなかった涙。
なんでも良いから買ってくれば良かったな。
c0326599_15280719.jpg
パスタを販売しているお店も色々ありました。
お値段は観光客向けのお値段でした。リボンパスタ、可愛らしいですね^^
イタリアカラーになっています。
c0326599_15281854.jpg
結局、私が買った物のは食べ物笑
お菓子屋さんでオレンジコンフィのチョコレート掛け(オランジェ)。
c0326599_15281886.jpg
ほろ苦いチョコレートに、食べごたえのある大きなオレンジで美味しかったです。
溶けると困るので、お土産にはしませんでした。

ちょこちょこと食べながらの旅は荷物が増えず、なかなかいいです。
食べてみてどうしてもお土産にしたい!と思ったら買えばいいですものね。

その他には、ストローほどの長さにくるんと丸めた面白いパスタや、
唐辛子とニンニクが入ったオリーブオイル(スプレータイプ)など。

そうそう、食べ物以外で一つお土産を買いましたね。
新婚旅行の記念にと、刺繍入りの鍋敷きです。
c0326599_16280659.jpg
好きな言葉を書くと、お姉さんがその場で可愛らしくアレンジしながら刺繍してくれるのです。
鍋敷き以外にも色々なものが選べます。
もう忘れてしまったけど、エプロンやお子様用のスタイなど本当に沢山ありましたね。

私達はハネムーンの記念に、と二人の名前、当日の日付を書いたのですが、
ルンルンと鼻歌を歌うお姉さん、だだだだだだだと、すごい音&すごいスピードで刺繍。
c0326599_16281120.jpg
見ていて、あれれ?大丈夫かな?と思ったら、
あー!!ごめんなさい、日付を入れ忘れた!と。
2015だけになりました。が、まぁこれも一つの思い出です^^

ちょっぴり薄くて頼りない鍋敷きなので、保管時の鍋敷きとして使っています( ´艸`)
7€くらいだったかな。

今度行くならば、夏のヴェネツィアに行ってみたいですね^^



2016/06/02追記しました。
[PR]
by R-intaiwan | 2016-05-31 16:55 | 2015 イタリア 新婚旅行 | Comments(2)

可愛らしいプレート

こんにちは。
だいぶ気温が高く、エアコンを使用する日が増えてきました。
日本も暑いと母からのメール。
外やハウスでの畑作業があるので、体調を崩して寝てると言うメールが来ると心配になります。
最近寝てると言うメールの回数が増えたな。
大好きな母、無理し過ぎないで欲しいです。


先日お友達から頂いたこちらの可愛らしいプレートに、
ピタサンドをのせて朝食にしました。
c0326599_16274933.jpg
ピタパンよりも少し生地が厚めになりました。
市場で買ってきたトマトと生玉ねぎのスライスに、タレで炒めたお味濃いめの豚肉、
シャキシャキの千切りキャベツを挟んで。
ケバブサンドのようなヨーグルトソースでさっぱりと頂きたかったのですが、
台湾のヨーグルトはとても高いので今回は諦めました。

このお皿、可愛いでしょ^^
仲良くして頂いているお友達のすみれさんが送ってくれました。
ボタンの柄が何とも言えず愛らしいのです。
カップもお揃いで、チョコレートなどを入れておける蓋つきのお皿まで。
c0326599_16274963.jpg
普段使っていたお皿よりも一回り大きくて、とっても使いやすい。
カップの縁も少し薄くなってて広がっています。
もう飲みやすさも抜群で、頂いて以来こればかりになってしまいました。

それから、可愛らしいパスタも頂いてしまいましたよ。
c0326599_16274927.jpg
おリボンに蓮根さんのような輪っか、南瓜の様に膨らんだ可愛らしいパスタ。
見ているだけで楽しくなりますね^^さて、どうやって頂こうかしら。楽しみです。

すみれさんどうもありがとう。
使用頻度が高すぎていいのか悪いのか笑
こちらの食器から毎日元気をもらっています^^
すみれちゃんにはばれちゃうね。このピタサンドかなり大きいです笑
普通は半分にカットしたパンに挟みますからね。
c0326599_16274999.jpg
桃が美味しく実ったら送りたいと思います、待っててね~
どうもありがとう~


[PR]
by R-intaiwan | 2016-05-29 16:45 | 手作り パン | Comments(2)

兄と姪の所へ

ご無沙汰しております。

所用で、
ニューヨークに住む兄と姪の所へしばらく行っておりました。
c0326599_13264388.jpg
前日に日本へ向かい前泊、成田からワシントンを経由して。
機内食は低脂肪ミール (LFML)に。さっぱりしているので胃もたれしません。
写真右下の朝食は美味しかったです。
写真左側はワシントンからの国内線でのおやつ。飛行時間は1時間なのであっという間でした。
c0326599_13264394.jpg
現地では空港で2人そろって迎えてくれました。
顔を見て少しほっとして。
色々と聞きたい事、沢山あったけど、それはまたゆっくりね。


自宅ではスーパーまで日用品を買いに行ったり、ご飯を作ったり。
姪は野菜をあまり好まないので、何か好きな物と組み合わせて、
自然と食べられるようにと叔母は少し迷いながら調理。
c0326599_13264337.jpg
トイレットペーパーはダブルとかシングルと言った表記ではなく、
シングルは1ply、ダブルは2ply。

生鮮売り場も慣れるまで少し時間がかかりました。
スライスしたお肉に慣れているのは日本人の証拠ですね。あんなに大きな塊肉は使った事がありません。
野菜の鮮度もちゃんと見て買わないとね。
大根を買ったらレジでこれは何?と聞かれるしまつ。ははは、日本が素晴らしいのです。

しかし、物価が高い。台湾とは大違いですね。
パッケージが大きいので高く感じるのもありますが、やはり買うのを躊躇います。


ある日は姪の現地校で行われる年に一度の大きなイベント。

各国事にブースを儲け、それぞれの国の物を紹介し、体験してもらうイベントでした。
流石世界中から集まる国ですので、15ヶ国ほどあったでしょうか。
c0326599_13461929.jpg
姪はこの日を楽しみにしていた様で、イベントのお手伝い。
アニメが好きなので、自分でイラストを描き、
それをトレーシングペーパーで描き写して楽しんでもらえるように準備しました。
世界中で日本のアニメは認知されているのですね。反響に驚きました。
他には折り紙、日本の食べ物などを皆さんで持ち寄っていました。

この日は様々な国の物を一度に体験できるとあって、とても貴重で楽しい時間でした。
顔にペイントを施してくれる企画などもあり、
子供達は可愛らしいペインティングをしてもらっていました。

楽しい時間はあっという間。
c0326599_13264221.jpg
ママと描いたポスターを手に、自宅前にて。
大好きで大切な掛け替えのない二人、助け合って頑張ってね。

ずーっと側にいますよ。


[PR]
by R-intaiwan | 2016-05-25 14:15 | 家の事・家族の事 | Comments(4)

折り返し地点を過ぎた自分を、常に見つめ直せるよう残していく記録です。


by R-intaiwan
プロフィールを見る
画像一覧